コラム・取材レポ・ブログ

コラム・取材レポ一覧に戻る

歌う詩人POET(ポエット)コンサート

ポップスとオペラを癒合したジャンル、
ポッペラ。

韓国で活躍するそのポッペラを代表するグループ
POET(ポエット)の、
日本で初めての単独コンサートを見に行ってきました。
場所は新宿新大久保にあるSHOW BOXです。

POETは、2013年に結成し、
5人組になった後に3人組になって現在に至っているそうです。

「開かれた音楽会」とか「不朽の名曲」などのテレビ番組のほか
公演への出演を重ねてCDなども出しているグループです。

メンバーは、
声楽家として活動していたファン・ホスさん、

ミュージカルでも活躍するファン・ホジョンさん、

そして本来もう一人はパク・ジヌさんという
ミュージカル俳優さんだそうですが、

パク・ジヌさんは現在韓国で上演中の『シラノ』に
アンサンブルとして出演中のため、

今回の来日公演のための助っ人メンバーとして
やはりミュージカルで活躍中の
キム・テフンさんが代わりに出演していました。

キム・テフンさんは、『ゴッホ』『ファッリネリ』などに出演した俳優さんで、
2PMのジュノが年齢を重ねた感じの風貌です。


POET、私は今回その存在を初めて知ったくらいで、
日本ではまだ全然知られていないので
お客さんの数は少なめ。

始まるまではちょっと不安でしたけど(^-^;
始まってみれば
小さい小屋に収まりきらない本格派の歌声。

声量がすごすぎて音響がグァーッと迫ってきて。
天井低すぎて跳ね返って落ちてくる感じでした。

雰囲気も韓国版イル・ディーヴォ的な感じ。

すでにおなじみのお客さんがけっこういるようで、
一曲終わるごとに
「ひゅーっひゅーっ」という歓声がすごかったです!

ミュージカルで活躍している人が二人いるだけに
楽曲も「ノートルダム・ド・パリ」「ジキル&ハイド」
「ミス・サイゴン」「レ・ミゼラブル」などからの有名曲ばかり。
ミュージカルファンには嬉しいラインナップでした。

ほかにも「千の風になって」「マイウェイ」などおなじみの曲で
万人受けする曲選びでしたね。

本国でも、かしこまったクラシックな雰囲気よりも
親近感を感じさせるステージを目指しているそうですが、
ラストには歌いながら客席下りして
お客さんみんなと握手してくれました。

1時間のコンサートで、
終わった後は別室でサイン会やチェキ撮影会などがあって、
それも含めて楽しむ~という感じのイベントでした。

なんか、こんな本格派の歌声なのに
お客さんが少なくてもったいないと思いました。

明日は公演がお休みで、
8/20日の5時の公演が最後だそうです。

ご興味ある方は是非どうぞ。
詳細はこちらで。

PR動画も張り付けておきますね。

 

そして久しぶりに新大久保に行きましたが、
夏休みだからか、にぎわってました。
特に若い女の子が多かったかな。

店頭に並んでいるブロマイドなどのグッズも
俳優というよりもKPOPアイドルのものがほとんどでした。


カフェ「コーヒープリンス3号店」にて
パッピンス食べました。
カフェラテもかわいいトトロです^^。

 

 

2017年8月18日執筆