コラム・取材レポ

コラム・取材レポ一覧に戻る

『鬼<トッケビ>』のロケ場所に行ってきました!

※記事の転載はご遠慮下さい

5/12~5/15に韓国行ってきました。
北朝鮮のミサイル関連が日本で騒がれているのと違い、
やはりソウルはごくごく普通で、
むしろ大気汚染が深刻なのだなと感じました。
到着した金曜日は特に空気がよどんでいる感じで
マスクをしている市民も結構いて、
私もなるべくマスクをするようにしていました。

今回はミュージカル鑑賞以外のことも充実させたいと思い、
ドラマ『鬼<トッケビ>』で印象的に登場していたロケ場所に行ってきました。

ドラマの中で、カナダにあるという設定の
落ち着きのある洋館といった素敵なレストラン。
ヒロインがコン・ユ扮するトッケビに連れてきてもらって
テンションが上がるというシーンに使われています。

 

印象的に2度登場するので、
ドラマを見た人にはおなじみのこのお店、
でもこのレストランはカナダではなく、
ソウルから車で1時間半ほど行ったパジュにあるとのことで、
日曜日に行ってみたのでした。

 

行き方を調べてみると
地下鉄2号線の合井駅1番出口から2200番のバスに乗り、
1時間20分でパジュのヘイリ芸術村に着くので、
そこからタクシーでさらに10分とありました。

今回はミュージカル仲間と一緒だったので、
じゃあ珍道中で行ってみますか!
となったのですが、
それを聞いたミュージカル仲間の韓国人の知り合いが、
なんとパジュに住んでいて、
「行きにくい場所だから車を出してもらうように弟に頼んであげる」
と言ってくれて、地下鉄3号線の大化駅で待ち合わせして、
そこから一緒に車で連れて行ってくれたのでした。
ありがたや~。
貴重な休日なのにこんなオタク旅に付き合ってくれて。

で、大化駅から車に乗せてもらって20分ほどで洋館に到着。
本当に農道というか、辺鄙な場所にそこだけ雰囲気浮いてる感じで
立派な洋館が建っていたのでありました。

周りはこんな感じです。

 

扉を開けたところにすぐ『鬼<トッケビ>』の撮影場面の写真が
無造作に貼ってあります。


靴を脱いでスリッパに履き替えて中へ。

外の風景とは一変して、
アンティーク調のオーストリア風な落ち着いた空間が広がっていました。

 

『鬼<トッケビ>』効果で週末はすごく混んでいるらしいから
早く行った方がいいよと
韓国人のお友達にアドバイスされていたので、
12時オープンのところ、11時に着くように行きました。
が、ラッキーにもこの日は私たちとカップルが一組いただけで空いていました。
カフェなので、午後から混んでくるのかも。
それか、もう韓国の人の間ではブームが去ったのか?

オープン時間1時間前に着くと、
スタッフはもう来ているので
中に入れてくれて自由に見学させてくれました。
写真もどうぞどうぞという感じで。
撮影した時のシーン写真もそこここに置いてあって
わかりやすかったです。

この場面は現在はこんな感じ↓

 

 

ドラマの中では4人用のテーブルセッティングでしたが、今は2人用のテーブルになっていました。みんなここに座って写真を撮るという定番の席です(^-^;

 

 

こんな感じで、1階は「カナダのレストラン」という設定で使われましたが、
階段を上がって2階に行くと、2階も、
「ドッカの家」という設定で使われていました。

     ドラマの中では↓

 

 13話にトッケビ、コン・ユが家出して
「しばらくここに世話になる」と言って過ごす場所です。
あれはセットではなくてこの洋館の2階だったんですね。
撮影の時とはソファの位置などが変えてありましたが、
今はこんな感じでした。


店内をゆっくり見て回ったころにはちょうど12時。
メニューにはカレーとかハムチーズパニーニとかの軽食もありましたが、
ここではお茶だけに。


私はミルクチョコレートドリンクをいただきましたがこれがおいしかった。
サービスで手作りクッキーも付いてきましたが、これもものすごくおいしくて。
少しづつ中身が違うパッチワークのようなクッキーで手が込んでいました。
ドリンク一杯が10000ウォンといいお値段でしたが、
もういわば場所代ですよね。

サービスでついてきたクッキーがあまりにおいしかったので
お土産に買おうと思ったら、
あれはいろんな種類のクッキーの一部分ずつを集めて作ったクッキー
で、味見用として出しているサービス品なので売り物ではないとのこと。
で、そのいろんな種類のクッキーがそれぞれ売っていたので
全ての種類を一袋ずつ買ってしまいました。

 

ところで、
この洋館の雰囲気にそぐわないフィギュアがあちこちの棚の中に
所狭しと置いてあったんです。

なぜに?と思ったので聞いてみたら
オーナーが、「僕が作ったんです」とのこと。
このオーナー、こんな豪奢な洋館なのに
Tシャツにひざ丈くらいのバミューダパンツ
というラフな格好でサーブしているので、
その落差が面白かったのですが、
フィギュア作りもクッキーも凝っていて、
なかなかのこだわり屋さんなんだなと思いました。

以前はフレンチ料理レストランだったようですが、
なにせ場所が不便なので閉じてしまい、
現在はカフェになっているそうですが、
それにしても気軽には来れない場所ですね。
でも来てみるとテンションが上がる場所なことは確かです^^

店名「ZINO」

住所: 京畿道坡州市炭県面大洞里94-5
경기도 파주시 탄현면 대동리 94-5
電話:+82-31-949-8365

そして我らは再び大化駅に戻り、
駅の近くにサムゲタンのとってもおいしいお店があるとのことで、
そこでお昼を食べました。「ポヤンサムゲタン(保養参鶏湯)」


で、これが本当においしかった!
これまで私が食べたサムゲタンの中で1,2位を争う美味しさでした!
パリッとした白菜キムチもおいしくて、
また食べに来たい味でした。
大化までは鐘路3街から地下鉄で50分強かかりますが、
ここイルサン(一山)はMBCやSBSという放送局の
ドラマ制作センターがある場所なので、
ドラマの打ち上げなどにも使われたり、
俳優やスタッフも食べに来たりするそうですよ。
日本語ページもあったので載せておきますね。

http://blog.naver.com/ginsengdak/40154876003

というわけで、朝9時30分にウルチロ3街から出発して
恵化駅に戻れたのが3時過ぎという
ちょっとしたロケ地旅でした!

(2017.5.17執筆)