ミュージカル

韓国創作ミュージカル『インタビュー―誰か、僕を助けてー』 来日公演のお知らせ

日程:2017. 3. 1 (水) ~3. 5 (日)
劇場:ZEPP BLUE THEATER ROPPONGI(東京)

https://goo.gl/hbIvDY

続きを読む

昨年誕生した韓国の創作ミュージカルで、
韓国でのトライアル公演、京都での初演を経て、
韓国で2カ月にわたって公演され、
オフブロードウェイでもアメリカ人キャストで公演が始まった作品です。

その話題作が、このたび、満を持して東京での公演が行われます。

5人の人格を持った解離性多重人格の作家志望の青年と、
彼と相対することになる推理作家、
そして一人の女性が繰り広げていく緊張感に満ちた作品です。

『スリル・ミー』と『ブラック・メリーポピンズ』
『デストラップ』、そしてドラマの『キルミー・ヒールミー』を
かけ合わせた感じのサスペンス心理ミステリー作品。

推理小説家と、
彼のもとを訪れた純粋な小説家志望の青年との、
追い詰め、追い詰められの緊迫していくやり取りに
グイグイと引き込まれていきます。

『インタビュー―お願い、誰か僕を助けてー』の制作発表会見の模様はこちら

主演イ・ジフンインタビューは取材レポページ

『インタビュー―お願い、誰か僕を助けてー』公演スケジュールなど詳細は以下を参照のこと。 https://goo.gl/hbIvDY

【公演に関するお問い合わせ】
東京音協 TEL:03-5774-3030 (平日11:00~17:00)  http://t-onkyo.co.jp/
以下プレスリリースです。
=============

「誰か僕を助けて」
生き延びるため、自分を粉々にしなければならなかった
たった6歳の少年の叫び

ミュージカル『インタビュー』は、生き延びるために自分を粉々にして、愛という名のもとに殺人を犯した一人の少年が、10年後、罪悪感を抱きながら再び殺人に手を染めなければならなかった事件を描いている作品。劇中、殺人事件をもとにした推理小説『人形の死』の作家である、ユージン・キムと、作家志望のシンクレアの間で息もつかせぬ心理戦が繰り広げられる。

ストーリー
2001年、ロンドンのある小さい事務所のドアを叩く音・・・。
ベストセラー推理小説『人形の死』の作家であるユージン・キムの事務所へ、作家志望の青年シンクレアが訪ねてくる。ユージンは、その日の前日に自殺を企てた連続殺人犯が書いた遺書を差し出し、シンクレアに文章を作って見ろと促す。遺書を読んだシンクレアは、‘自分の中の怪物’という話を語り出すが、突然、『人形の死』の実際のモデルはジョアン・シニアーではないのかと尋ねる。慌てたユージンに向かってシンクレアは、これまでの彼とは全く違う人物のように、『人形の死』を通して公になった‘オフィーリア殺人犯’のスタートは、ユージン・キムであり、その後起きた連続殺人はユージンの模倣犯(コピーキャット)だと話す。
10年前の殺人事件の真犯人を探す、二人の男の‘インタビュー’が始まった。

登場人物
 ユージン・キム
ロンドン・精神健康センターの解離性障害専門医であり、心理学博士
2000年にロンドンを震わせたオフェーリア殺人の犯人、マット・シニアーの精神鑑定を担当し、マット・シニアーが深刻な多重人格障害を持つことを明らかにし、殺人を犯した残忍な犯人は、彼の他の人格であることを主張する。

 シンクレア・ゴードン
ジョアン・シニアーが共に旅立とうとしていた文学部の学生であり、推理作家を夢見るハンサムな青年。マット・シニアーが最もなりたかった人物。

 ジョアン・シニアー
マット・シニアーの4歳上の姉
継父からの虐待から逃れるため、弟のマットを利用し、異常な愛の行為を行い、彼を人形のように扱う。18歳になる年、シンクレアと共に家を出る計画を立て、マットに別れを告げた後、彼に無残に殺害される。
 マット・シニアー(24才)
生れる前に父を失い、母からの無関心、継父からの暴力と虐待、姉からの異常な愛の中で育った少年。
感受性と想像力が豊かで、鋭敏なマットは、自身が目の当たりにしている地獄のような現実から生き延びるため、知らないうちに、自分自身を様々な人格で粉々にする。

CAST シンクレア役(トリプルキャスト)
ユナク(超新星)
超新星のリーダーとして、歌手活動だけでなく、ドラマ、映画、そしてミュージカルで才能を発揮しているマルチ・プレーヤー。日本の大学に留学した経験があり、日本語が堪能だけでなく、日韓をまたにかけた作品に多く出演。近年はミュージカルでの活躍が目覚ましく、韓国ミュージカル『キム・ジョンウク探し(あなたの初恋探します)』、『ON AIR~夜間飛行』等、優れた韓国オリジナルミュージカルの主演を日本で務める。昨年、東宝ミュージカル『rent』のロジャー役に抜擢、日本語での演技であったにも関わらず、日本国内のミュージカルファンに鮮烈な印象を残した。16年年末には、山崎育三郎、陣内孝明と共演する『プリシラ』のアダム役を好演。

代表作:
ドラマ:韓国MBC『私の残念な彼氏』、日本NHK『恋するキムチ』
映画:『君にラブソングを』、『僕たちのアフタースクール』
舞台:『プリシラ』『インタビュー』、『rent』、『ON AIR~夜間飛行~』『キム・ジョンウク探し』『HARU~あの日に戻れるのなら』

ソンジェ(超新星)
その歌唱力と抜群のルックスから、超新星のメンバーの中でも数多くのミュージカル作品の主演を日本国内で務める。ドラマ『太陽を抱く月』のミュージカル版では、キム・スヒョンが演じた王、イ・フォン役をこなし、多くの観客の涙を誘った。その他にも、日本に進出した韓国ミュージカル『光化門恋歌』、『美女はつらいの』『Summer Snow』では韓国を代表する様々なミュージカル俳優たちとも共演。歌だけでなく、演技でも評判を高める。
2014年より兵役についていたが、昨年除隊。復帰作となる『インタビュー』の京都初演、『カフェイン』日本公演とミュージカル界での活躍が続く。
代表作:
ドラマ:tvn『1年に12人の男』
映画:『君にラブソングを』、『僕たちのアフタースクール』
舞台(日本公演)『カフェイン』、『インタビュー』、『太陽を抱く月』、『光化門恋歌』、『美女はつらいの』、『Summer Snow』
(韓国公演)『本当に、本当に好き』
イ・ジフン
韓国を代表するバラード歌手として活躍する傍ら、ミュージカル界にも進出。近年韓国内で上演された数々の作品の主演を務め、16年『モーツァルト!』のヴォルフガング役では、日本の演出家である小池修一郎の下、その演技力の高さで韓国の観客を魅了した。その他にも、『エリザベート』のルキーニ役、『キンキー・ブーツ』のチャーリー役、『プリシラ』のティック役、『ウィキッド』のフィエロ役等、数々の作品で活躍している。
受賞歴
2013年韓国ミュージカル大賞最優秀助演男優賞(『エリザベート』のルキーニ役にて)

舞台:『キンキー・ブーツ』、『モーツァルト!』、『エリザベート』、『プリシラ』、『パリの恋人』、『エビータ』、『ジャック・ザ・リッパー』、『アルター・ボーイズ』他多数
ドラマ:『オー・マイ・ムクビ』、『ニューハート』、『君は僕の運命』、『私の娘コンニム』、『ガラスの仮面』他多数
CAST ユージン役(ダブルキャスト)

イ・ゴンミョン
韓国ミュージカル界を代表するスター。『rent』のロジャー、『ミス・サイゴン』のクリス、『アイーダ』のラダメス、『ラスト・ファイブ・イヤーズ』のジェイミー等、数々のライセンスミュージカルの主演を飾っているだけでなく、韓国オリジナルミュージカルへの思い入れも深く、来年日本版が上演される『フランケンシュタイン』の韓国初演版では、タイトルロールを務めた。また、『あの日々』『合同警備区域JSA』、『ギャンブラー』等、韓国オリジナルミュージカルの中でも、名作として名高い作品に出演。
また、日本での活動もさかんで、コンサートだけでなく、『バンパイヤ』、『ジャック・ザ・リパー』等での日本公演で来日を果たしている。

代表作:(韓国)
『インタビュー』、『フラケンシュタイン』、『あの日々』、『合同警備区域JSA』、『ロビン・フッド』『チェス』、『ロミオ&ジュリエット』、『二都物語』、『三銃士』、『キャッチミー・イフ・ユーキャン』、『ミス・サイゴン』、『ユーリンタウン』、『アイーダ』、『ブラッド・ブラザース』他多数
(日本公演)『HARU~あの日に戻れるなら』、『ジャック・ザ・リパー』、『バンパイヤ』他

イ・ソングン
韓国のオフブロードウェイと呼ばれる大学路の小劇場作品を中心に活躍する韓国ミュージカル界の名バイプレーヤー。『インタビュー』は韓国で最初に行われたトライアウト公演からユージン役をイ・ゴンミョンと共に務めており、昨年の韓国正式公演ではその高い演技力でマニア層を獲得。『インタビュー』になくてはならない存在となっている。
舞台:『ロミオ&ジュリエット』、『インタビュー』、『マーダー・バラッド』、『サマー・スノー』、『煙草屋のお嬢さん』、『華麗なる休暇』他多数

CAST ジョアン役(シングルキャスト)
キム・ジュヨン
『インタビュー』の韓国トライアウト公演でジョアン役を務めた新星。昨年は、古典を題材に、韓国の有名歌手ソテジの音楽を使用して話題となった、オリジナル・ミュージカル『ペスト』に出演し好評を博す。

クリエイティブチーム

劇作/演出 チュ・ジョンファ
ミュージカル:(韓国)
『リメンバー』、『煙草屋のお嬢さん』、『シークレット・ミッション』、『月を抱いたスーパーマン』、『上海の花火』
作曲/音楽監督 ホ・スヒョン
2008 ザ・ミュージカルアワーズ 作曲賞受賞
ミュージカル:(韓国)
『リメンバー』、『愛は雨にのって』、『シークレット・ミッション』、『偉大なるキャツビーRE:BOOT』、『月を抱いたスーパーマン』、『上海の花火』

『マイ・バケット・リスト』日本公演情報

2017年2月25日(土)~2017年3月12日(日)
@Mybucketlist_jp
タイトル:『マイ・バケットリスト』 
期間:2017年2月25日(土)~2017年3月12日(日)
※2月27日(月)、28(火)、3月6日(月)、7日(火)休演
◆キム・ナムホ&チョンジ
2/25(土)14:00〜/18:00〜、2/26(日)15:00~、3/1(水)19:00~
3/4(土)18:00~、3/5(日)15:00~(追加)
◆チュ・ミンジン&チョンジ
3/2(木)19:00~、 3/3(金)19:00~ 、 3/4(土)14:00~
◆ドンヒョン&パク・シファン
3/8(水)19:00~、 3/9(木)19:00~、 3/10(金)19:00~、
3/11(土)14:00~/18:00~、 3/12(日)15:00~
会場:東京シーサイドフェスティバルホールB@お台場 (〒135-0064東京都江東区青海1丁目2)
キャスト:カング(トリプルキャスト)/ドンヒョン(BOYFRIEND)、キム・ナムホ、チュ・ミンジン
ヘギ(Wキャスト)/チョンジ(TEENTOP)、パク・シファン
韓国語上演/日本語字幕

https://www.facebook.com/mybucketlist.jp/

続きを読む

2014年に誕生した韓国の創作ミュージカル『マイ・バケットリスト』の日本初上演。
その後も2015年、2016年と再演された作品が来月日本にやってきます。
私は未見なので、この機会にぜひ見たいと楽しみにしています。
2人芝居で、来日公演では、それぞれトリプルキャスト、ダブルキャストです。
BOYFRIENDのドンヒョン、TEENTOPのチョンジというアイドルスターらが出演します。

既に発表されていた14公演に加えて、カング役キム・ナムホ、ヘギ役チョンジのタッグで3月5日(日)15時からの公演も追加になっています。

 

以下リ主催からのリースです。
==================

ヒューマン・コメディ・バディミュージカル『マイ・バケットリスト』は、人生のどん底を彷徨っていた不良少年カングと余命宣告を受けた少年ヘギが偶然出会い、バケットリスト(死ぬまでに絶対にしたい100のこと)を実行する【プラシーボ・プロジェクト】を共に行いながら人生の意味に気づいていく過程を幻想的なナンバーにのせて描いた韓国オリジナルミュージカル。2014年の初演時には、小劇場公演であるにもかかわらず、死ではなく生を語る丁寧に作られた戯曲、幻想的なミュージカルナンバー、出演者2人だけのミュージカルという点からもSBS、MBC、中央日報、朝鮮日報等各種メディアで取り上げられ、2015年、2016年と再演を重ね、韓国ミュージカル業界で新たな潮流を作った最高の話題作となりました。ヒューマン・コメディ・バディミュージカル『マイ・バケットリスト』は、2017年2月25日より東京シーサイドフェスティバルホールB@お台場にて日本初上演。ぜひご鑑賞下さい。

◆上演概要
タイトル:『マイ・バケットリスト』
期間:2017年2月25日(土)~2017年3月12日(日)
※2月27日(月)、28(火)、3月6日(月)、7日(火)休演

◆キム・ナムホ&チョンジ
2/25(土)14:00〜/18:00〜、
2/26(日)15:00~、
3/1(水)19:00~
3/4(土)18:00~、
2/26(日)15:00〜
3/1(水)19:00〜
3/4(土)18:00〜

◆チュ・ミンジン&チョンジ
3/2(木)19:00〜
3/3(金)19:00〜
3/4(土)14:00〜

◆ドンヒョン&パク・シファン
3/8(水)19:00〜
3/9(木)19:00〜
3/10(金)19:00〜
3/11(土)14:00〜/18:00〜
3/12(日)15:00〜
3/5(日)15:00~(追加)

◆チュ・ミンジン&チョンジ◆チュ・ミンジン&チョンジ
3/2(木)19:00~、
3/3(金)19:00~ 、
3/4(土)14:00~

◆ドンヒョン&パク・シファン
3/8(水)19:00~、
3/9(木)19:00~、
3/10(金)19:00~、
3/11(土)14:00~/18:00~、
3 /12(日)15:00~

会場:東京シーサイドフェスティバルホールB@お台場 (〒135-0064東京都江東区青海1丁目2)
キャスト:カング(トリプルキャスト)/ドンヒョン(BOYFRIEND)、キム・ナムホ、チュ・ミンジン
       ヘギ(Wキャスト)/チョンジ(TEENTOP)、パク・シファン

韓国語上演/日本語字幕
公式ツイッター:@Mybucketlist_jp  公式インスタグラム:mybucketlist.jp
公式フェイスブック:https://www.facebook.com/mybucketlist.jp/

プロデューサー:カン・ビョンウォン  原案:ホ・ジンウォン
作曲:キム・ヘソン 作家:チェ・ウニ  作詞:ホ・ジンウォン、チェ・ウニ、キム・ヒョヌ
演出:キム・ヒョヌ 音楽監督:チョン・ミョンジン 振付:シン・ソンホシン・ソンホ
主催:株式会社コンテンツレインジ、株式会社東京シーサイド文化事業団
制作:LIVE株式会社、MOREIN Group Inc.
製作支援:韓国文化芸術委員会
後援:駐日韓国大使館 韓国文化院、newborn in
宣伝:合同会社MIDUMU

◆チケット情報
TEENTOP/BOYFRIENDファンクラブ先行発売日:2017年1月12日(金) 正午
ファンクラブ先行発売URL:各ファンクラブサイトにてご確認ください。

一般発売日:2017年1月19日(木)正午~  一般発売URL:tokyoseasidefestival.com
前売り料金:10,800円(税込/指定席)
当日券料金:11,800円(税込/指定席) ※前売りでチケット完売した際には実施いたしません
リピーター割引:半券提示の上当日券を購入者に限り30%割引8,316円(税込/指定席)

=======================================

ミュージカル『花より男子』、韓国キャストによって韓国で上演!

日程:2月24日(金)〜 5月7日(日) 
劇場:韓国ソウル 弘益大大学路アートセンター大劇場

続きを読む

日本の大人気漫画が原作の創作ミュージカル『花より男子』が韓国で上演されます。
ちょうど1年前、シアタークリエ他で上演された『花より男子』。
道明寺のツンデレぶりにニマニマし、花沢類のカッコよさに見ほれ、西門と美作の盛り上げっぷりに笑ったなあ~と、楽しかった舞台の思い出が思い起こされますが、その舞台が韓国上陸です。
アイドル中心にキャスティングされているので、華やかな舞台になるのではないでしょうか。
内容も日本の方にはおなじみなので、原作を知っている方は字幕なしでも楽しめると思います。
公演自体は5月7日までですが、現在3月26日までのキャストスケジュールが発表されています。 

以下リリースです。


ハイスクールミュージカルの決定版『花より男子 The Musical』が海外進出!2017年2月より韓国版上演決定!
人気K-POPアイドル達の夢の競演!

2016年1月、シアタークリエ他にて上演され、伝説的人気コミックスの初ミュージカル化で大きな話題となった『花より男子 The Musical』が、2017年、韓国・ソウルで上演される事が発表された。

日本初演時は、松下優也、白洲迅、真剣佑、上山竜治、等、今旬の若手人気俳優が出演し、初恋の甘酸っぱさと、若いパワーに溢れた、ハイスクールミュージカルとして好評を得た。

その『花より男子 The Musical』が、海を渡り、韓国の俳優・スタッフ陣によって上演される。
青木豪の脚本、本間昭光の音楽はそのままに、韓国版の演出も、日本版と同じく鈴木裕美が担当。
鈴木裕美にとっては、韓国のカンパニーの初の演出となる。

そしてキャストには、今をときめく人気アイドルや、俳優が続々と抜擢された。
華やかで、力強い、新しい”花男”が、生まれるに違いない。

<公演概要>

韓国版『花より男子 The Musical』(『꽃보다 남자 The Musical』)
日程:2月24日(金)〜 5月7日(日)
劇場:韓国ソウル 弘益大大学路アートセンター大劇場

チケット:インターパーク、YES24を通じ、1月18日(水)〜1次チケットオープン


韓国版『花より男子 The Musical』(『꽃보다 남자 The Musical』)

<配役>
●道明寺司 イ・チャンソプ(BTOB)、Ken(VIXX)、キム・ジフィ
●牧野つくし ジェイミン、イ・ミニョン(miss A ミン)
●花沢類 ソンミン(SUPER JUNIOR)、ジョンフィ
●西門 総二郎 イ・ウジョン、キム・テギュ
●美作 あきら チャン・ジフ、ソン・ハングク
●藤堂静 ユ・ハウン、ジョン・ガヒ、チェ・イジ、
●つくしパパ(牧野晴男) キム・ソンギ、ジャン・デウン
●つくしママ(牧野千恵子)リュ・スファ、キム・ジョンウン
●織部順平 キム・テユン、イム・ジンソブ
●浅井百合子 イ・ダソム

夢友コンサート、4月16日開催決定。
パク・ヨンス初の来日です!

2017年 4月 16日(日)
1回 (昼) 14:30 / 2回(夜)18:30 (両公演とも30分前開場)
会場:CBGKシブゲキ!!

http://www.yumetomo.info/tegami3

続きを読む

「夢友」主催のミュージカルコンサートは、ソロコンサートにツインコンサートと様々なシリーズがありますが、今回はキム・ホヨンさんがMCも兼ねて若手スターと一緒に、観客からの手紙をもとにトークとコンサートを繰り広げる「手紙」シリーズの3回目です。お相手の俳優はソウル芸術団で看板スターのパク・ヨンスさんです。

私は彼を始めて見たのが、2013年の『ヨセフ・アンド・ザ・アメージング・テクニカラー・ドリームコート』でしたが、何の予備知識もなく見て、登場したパク・ヨンスの純粋なイケメンの顔にひょろんとした長身の細い身体から、意外なほどの大人っぽい迫力ボイスが出てくるので、そのギャップに捉まれました。

『スリル・ミー』『ザ・デビル』『ママ・ドントクライ』『根の深い木』『尹東柱、月を射る』『国境の南側』『ゴーン・トゥモロー』など、歴史色の強い作品から女子受けする小品まで、途切れることなく出演が続いているライジングスターです。

3月21日~4月2日まで、彼の代表作になっている『尹東柱-月を射る』の公演がありますし、それと前後して『ザ・デビル』(2月下旬~4/30)にも出演するので、忙しいさなかでの来日ですね。

「手紙」シリーズは俳優さんの率直な心情とか、まだあまり知られていない若手スターのこれまでの来し方とか夢とか、歌はもちろんのこと、いろんな面が楽しめる形式のコンサートです。MCもするキム・ホヨンさんが先輩なので、容赦なく突っ込んだり、フォローを入れたりして若手の素顔を引き出してくれるので楽しいですよ。

1部(昼の部)と2部(夜の部)になっていて、1部では、パク・ヨンスさんのデビューから現在、未来について語り、その思い出の歌を披露するとのことです。

2部は、観客から事前にテーマを決めた手紙を募集して、それを俳優2人が読んで感想を言いながら、その手紙の内容にぴったりの歌を披露するという形式です。

以下リリースです。


キム・ホヨン、パク・ヨンスが出演する『手紙3』は1月26日(木)から夢友公式HPで1次先行販売を開始。

1次先行販売のみ販売される「1回+2回スペシャルパッケージ」の購入者には500円割引と特典ももれなくもらえる。

【イベント名】 『手紙3』

【日時・会場】
■ 2017年 4月 16日(日)

1回 (昼) 14:30 / 2回(夜)18:30 (両公演とも30分前開場)
■ CBGKシブゲキ!!  http://cbgk.jp/

〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2-29-5ザ・プライム6階 【チケット販売】
■ 詳細はオフィシャルサイトまで→→→ http://www.yumetomo.info/tegami3

【チケット料金】
■ 先行予約 8,000円(定価 8,500円)

1回+2回スペシャルパッケージ(特典付き)15,500円

※ 1公演お一人様4枚まで、最大2公演8枚までご購入いただけます。
※全席指定・税込
※就学児童以上はチケットが必要

【主催/企画】 夢友

============

出演者たちの挨拶動画を追記しました!

キム・ホヨン:https://youtu.be/X17BOjNjvqM <https://youtu.be/X17BOjNjvqM>  

パク・ヨンス:https://youtu.be/V-larvsjJng <https://youtu.be/V-larvsjJng>

 

============

 

韓流ぴあpresents Kミュージカルシネマ『マタハリ』上映会(追加上映)開催決定のお知らせ

【上映詳細】
会場:シネマスコーレ<名古屋>
2月23日(木)18:20開場 18:30開映    
3月11日(土)18:20開場 18:30開映    
3月17日(金)18:20開場 18:30開映

会場:シネマート心斎橋<大阪>
3月4日(土) 19:15開場 19:30開映    
3月5日(日) 19:15開場 19:30開映    
3月9日(木) 19:15開場 19:30開映

会場:KBCシネマ<福岡>
3月7日(火) 19:00開場 19:15開映

料金:3,500円(税込) 自由席・整理番号付

http://w.pia.jp/t/k-matahari/

続きを読む

以下のページでもお知らせした韓国ミュージカル『マタハリ』の舞台収録映像の映画館での上映会が地方で追加上映されることが決まりました。

名古屋・シネマスコーレ、大阪・シネマート心斎橋、福岡・KBCシネマで開催されます。

私も先日上映会に行ってきましたが、やっぱり字幕があるのはありがたいです。

『マタハリ』は今年の6月にも韓国での再演が決まっていますので、予習のためにもご覧になっておくと本舞台を見た時の理解度、満足度が違います!

今年のキャストは変わるかもしれませんが、もしかしたら自分のごひいきの俳優さんが新たに登板するかもしれず、とにかく、このような大作が舞台収録されること自体が韓国ではめったにないことなので、この貴重な機会をお見逃しなく!

以下プレスリリースです。

==================

韓国ミュージカルの映像上映“K ミュージカルシネマ・シリーズ”の第5弾 『マタハリ』。
東京会場での大好評を受け、このたび、名古屋、大阪、福岡での追加上映が決定した。
「第5回イェグリンミュージカルアワード」で最高作品賞を含む3冠を達成した同作は、 EMKミュージカルカンパニーが制作費25億円をかけた大作。
第一次大戦時、仏独の2重スパイ容疑にかけられ波乱の人生を送った美女マタ・ハリを描く。
主演にキム・ソヒャン、オク・ジュヒョンを迎え、キム・ジュンヒョン、リュ・ジョンハン、 オム・ギジュン、VIXXのレオなど豪華キャストが集結。 演出はジェフ・カルフーン、そして音楽はフランク・ワイルドホーンが手がけたことでも話題だ。
豪華絢爛なセットにサスペンスフルかつエモーショナルなストーリーを日本語字幕でいち早く堪能してほしい。
<上映バージョンキャスト>
マタハリ役 :キム・ソヒャン
アルマン役 :チョン・テクウン(VIXXレオ)
ラドゥ大佐役:キム・ジュンヒョン

【上映詳細】
会場:シネマスコーレ<名古屋>
日時: 2月23日(木)18:20開場 18:30開映
3月11日(土)18:20開場 18:30開映
3月17日(金)18:20開場 18:30開映

会場:シネマート心斎橋<大阪>
日時: 3月4日(土) 19:15開場 19:30開映
3月5日(日) 19:15開場 19:30開映
3月9日(木) 19:15開場 19:30開映

会場:KBCシネマ<福岡>
日時: 3月7日(火) 19:00開場 19:15開映

料金:3,500円(税込) 自由席・整理番号付

チケット:チケットぴあ
◆韓流ぴあミュージカル先着先行       2017年1月20日(金) 11:00~2月3日(金)18:00
◆一般発売   2017年2月4日(土)10:00~   http://w.pia.jp/t/k-matahari/ (PC・モバイル共通)

配給:韓流ぴあ
協力:EMK INTERNATIONAL
問合せ:チケットぴあインフォメーション 0570-02-9111(10:00~18:00)

※2016年初演時の収録映像
※日本語字幕付上映
※上映時間153分・途中憩なし
※開場時間前の整列不可。開場時間より整理番号順の入場
※カメラ撮影・録音・録画禁止
※客席内での飲食禁止

===================

<募集は締め切りました>
田代親世解説付きのソウルへのミュージカルツアーのお知らせ

実施日:2017年2月10日~2月12日

http://www.jtbbwt.com/entertainmenttour/tashirotour2017/

続きを読む

田代親世解説付きのソウルへのミュージカルツアーのお知らせです。
2015年11月に『ウェルテル』と『フランケンシュタイン』を見に行くツアーを
実施して、参加者から大好評を受けたミュージカルツアー、
その第2弾が来年2月に実施の運びとなりました。

今回の演目は私が大好きな『ファントム』と『モンテクリスト』です。
日本語字幕などはつきませんので、
前回同様に、ミュージカルを見る前に私が内容を解説します。
なので、韓国語が分からなくても大体は把握できますのでご心配なく。

実施日は2月10日~12日と寒い時期ですが、
見応え満点の2作品ですので、ご覧になれば心は熱くなることと思います。
先着順で限定20名となっています。
JTBのサイトで募集が始まっていますので、
ご希望の方は、以下のサイトをご覧の上、お申し込みください。

http://www.jtbbwt.com/entertainmenttour/tashirotour2017/

韓国ミュージカル『マタハリ』の収録映像の日本上映です。

2017年1月17日(火) 20:35開場/20:45開演
2017年1月19日(木) 18:35開場/18:45開演
2017年1月31日(火) 18:35開場/18:45開演
会場:シネマート新宿
料金:3,500円(税込) 自由席・整理番号付

http://w.pia.jp/t/k-matahari/

続きを読む

『モーツァルト』『エリザベート』『モンテクリスト』『ファントム』など、海外のライセンス大作ミュージカルを韓国で次々と成功させてきた制作会社EMKが、満を持してオリジナルで生み出したミュージカル『マタハリ』。2016年上半期、韓国で上演され、話題を呼び、2017年には早くも再演が決定している作品です。その話題作が、韓流ぴあが主宰の韓国ミュージカルの映像上映“K ミュージカルシネマ・シリーズ”の第5弾として、日本語字幕付きでの上映が決定しました。

以下プレスリリースです。 ―――――――――――――――――

「第5回イェグリンミュージカルアワード」で最高作品賞を含む3冠を達成した同作は、 EMKミュージカルカンパニーが制作費25億円をかけた大作。 第一次大戦時、仏独の2重スパイ容疑にかけられ、波乱の人生を送った美女マタ・ハリを描く。 主演にキム・ソヒャン、オク・ジュヒョンを迎え、キム・ジュンヒョン、リュ・ジョンハン、 オム・ギジュン、VIXXのレオ、など豪華キャストが集結。 演出はジェフ・カルフーン、そして音楽はフランク・ワイルドホーンが手がけたことでも話題だ。 豪華絢爛なセットにサスペンスフルかつエモーショナルなストーリーを、日本語字幕でいち早く堪能してほしい。


<上映バージョンキャスト>
 マタハリ役 :キム・ソヒャン
アルマン役 :チョン・テクウン(VIXX レオ)
ラドゥ大佐役:キム・ジュンヒョン

キム・ソヒャン
キム・ソヒャン

©EMK Musical Company,MUICAL MATA HAI, 2016

 

キム・ジュンヒョン
キム・ジュンヒョン

©EMK Musical Company,MUICAL MATA HAI, 2016


【上映詳細】
日時:2017年1月17日(火) 20:35開場/20:45開演
2017年1月19日(木) 18:35開場/18:45開演
2017年1月31日(火) 18:35開場/18:45開演
会場:シネマート新宿

料金:3,500円(税込) 自由席・整理番号付
チケット:チケットぴあ
◆韓流ぴあミュージカル先着先行
2016年12月9日(金) 11:00~12月21日(水)23:59
◆一般発売
2016年12月22日(木)10:00~
http://w.pia.jp/t/k-matahari/ (PC・モバイル共通)
配給:韓流ぴあ
協力:EMK INTERNATIONAL
問合せ:チケットぴあインフォメーション 0570-02-9111(10:00~18:00)

※2016年初演時の収録映像
※日本語字幕付上映
※上映時間155分・途中憩なし
※開場時間前の整列不可。

イ・ゴンミョン ファンミーティング&コンサート
NEW STEP~新たな挑戦~

2017/1/21明治安田生命ホール

http://jnkjnk.theshop.jp/

続きを読む

『ジャック・ザ・リッパー』『三銃士』『ヴァンパイア』『ハル』『インタビュー』など、来日ミュージカルには欠かせない兄貴な俳優イ・ゴンミョンのファンミーティングとコンサートです。

キム・ソヒョン/キム・ジュンヒョン/キム・ソヒャン 
ミュージカル・コンサート ~マリー・アントワネット&マタハリの世界~

2017/1/20渋谷区文化総合センター大和田・さくらホール

http://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventCd=1655124

続きを読む

韓国ミュージカル界を代表する男優・女優たち3人が集結!

劇団四季出身で日本版『レ・ミゼラブル』でジャン・バルジャンを、韓国版『レ・ミゼラブル』ではジャベールを演じたキム・ジュンヒョン。

2016年、世界に打って出た韓国のオリジナル大作ミュージカル『マタハリ』で、マタハリを追い詰めていくフランス軍大佐を始め、『モーツァルト』『ジャック・ザ・リッパー』と人気作品への出演が続いている彼が、1年半ぶりに来日コンサートに登場。共演は、『明成皇后』でタイトルロールを演じて先に行われたイェグリンミュージカルアワードで主演女優賞を獲得したキム・ソヒョンと『マタハリ』でヒロイン・マタハリを演じたキム・ソヒャン。

3人のコラボレーションも楽しみな豪華キャストにより、『マタハリ』と『マリーアントワネット』の世界観を表現していくコンサートになるとのこと。

韓流ぴあpresents K ミュージカルシネマ
『ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ』のアンコール上映会

2017/1/14渋谷区文化総合センター大和田・伝承ホール

http://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventCd=1650095

続きを読む

2016年に日本人キャストで上演された『ゴッホ』の韓国オリジナル舞台版を映像収録したものに字幕を付けて上映される形式の上映会です。

ヴィンセントと弟テオの二人だけのミュージカル。

韓国俳優の熱演を日本に居ながらにして見られる貴重な機会です!