注目の映画上映・イベント情報

映画上映、イベント情報は、私が見た、見ない、また私が関係する、しないに関わらず、
プレスリリースをいただいたり、自分が入手した情報を取り上げていきます。

イ・ソジン バラエティーショー 2017 in OSAKA

日時:2017年3月26日(日) 開場15:00 開演16:00
会場:堂島リバーフォーラム(大阪市福島区)

http://www.a-ara.co.jp

続きを読む

(写真提供A・R・A)

ドラマ『イサン』『結婚契約』を始め、『花よりおじいさん』『三食ごはん』シリーズなどですっかりバラエティーの王様となっているイ・ソジンの2年ぶりとなるファンミーティングだそうです。タイトルがもうバラエティーショーなんですね(笑)。
日時:2017年3月26日(日) 開場15:00 開演16:00
会場:堂島リバーフォーラム(大阪市福島区)
内容:トーク、ゲームなど   ★ゲスト(予定)
チケット:13,000円(税込、全席指定) ※参加者全員に限定プレゼント付き
主催:㈱A・R・A
協力:㈱E-MOTION
主催:Hook Entertainment

『彼女はキレイだった』『キルミー・ヒールミー』『魔女の恋愛』
のパク・ソジュンのファンミが3月14日開催決定のお知らせです。

日時: 3月14日(火) 開場18:00 開演19:00
会場: Zepp東京

続きを読む

『彼女はキレイだった』『キルミー・ヒールミー』『魔女の恋愛』
のパク・ソジュンのファンミが3月14日開催決定のお知らせです。
公式ファンクラブ: http://seojun.jp/

3月25日から最新作の『花郎(ファラン)』が日本で放送スタートするのに先駆けて、3月14日にZepp東京で
『Park Seo Jun 2017 FanMeeting in Japan ~♡White Day♡ with JUNNER~』が開催されます。

以下リリースです。

=============

現在韓国で放送中の最新ドラマ「花郎(ファラン)」では男性美あふれる花郎の姿の裏にある切ない純愛を演じて視聴者を魅了しております。
その期待の新作が日本での初放送(DATV:3月25日~)も決定し、今後の活躍に大きな期待が寄せられているパク・ソジュン。

約1年ぶりに開催される日本でのファンミーティング
『Park Seo Jun 2017 Fan Meeting in Japan ~♡White Day♡ with JUNNER~』
では歌も披露するなど役者とはまた違う一面を楽しんでいただけます。

イベントの詳細などはパク・ソジュン日本公式サイトにて順次公開していきます。
どうぞご期待ください!

【『Park Seo Jun 2017 Fan Meeting in Japan ~♡White Day♡ with JUNNER~』

概要(予定)】

日時: 3月14日(火) 開場18:00 開演19:00

会場: Zepp東京

出演者: パク・ソジュン

料金: 10,800円(税込)

チケット発売日
パク・ソジュン日本公式ファンクラブ先行: 2月4日(土)15:00~7日(火)23:59
DATV/KNTV先行(*): 2月9日(木)15:00~14日(火)23:59
ローチケプレリク先行: 2月11日(土)15:00~14日(火)23:59
一般販売: 2月23日(木)10:00~
(*)スカパー!プレミアムサービス、スカパー!プレミアムサービス光、J:COM、ひかりTVでのご契約者の方が対象となります

主催・企画: 株式会社デジタルアドベンチャー

お問い合せ
<公演に関するお問い合わせ先>
キョードー東京 0570-550-799(10:00-19:00)

<チケットに関するお問い合わせ先>
ローソンチケットインフォメーション 0570-000-777(10:00~20:00)

公式ファンクラブ: http://seojun.jp/

-入隊前ラストイベント-
JOOWON See You Again!! 2017 in OSAKA/ in TOKYO

1月21日(大阪)、22日(東京)

http://a-ara.co.jp/event

続きを読む

『ヨンパリ』『グッド・ドクター』のチュウォンの、入隊前最後と銘打ったファンミーティングのお知らせです。

以下プレスリリースです。


joown一昨年は名作ドラマ「グッド・ドクター」で、そして昨年は「ヨンパリ」で2015年SBS演技大賞大賞など4つの賞を総なめするなど今や名実ともに揺るぎないトップ俳優の地位を築いたチュウォンが入隊前のラストイベントとして来年1月、大阪と東京でスペシャルイベントを開催します。大阪でファンミーティング、東京ではファンミーティングとディナーショーを開催、入隊を目前に控え日本のファンと心温まる交流のひと時を過ごします。

 

写真提供A・R・A


 

(イベント概要)

大阪公演(-入隊前ラストイベント-JOOWON See You Again!! 2017 in OSAKA )

日時:2017年1月21日(土) 開場 14:00 開演15:00
会場:オリックス劇場(大阪市西区)
チケット代金:8,000円(税込、全席指定)
内容:トーク、歌、ハイタッチ会など

 


 

東京公演(-入隊前ラストイベント-JOOWON See You Again!! 2017 in TOKYO ) ※400名様限定

日時:2017年1月22日(日) 開場 12:30 開演13:00 (予定)
会場:目黒雅叙園
チケット代金:13,000円(税込、全席指定)
内容:トーク、歌、ハイタッチ会など

 


 

東京ディナーショー(-入隊前ラストイベント-JOOWON See You Again!! 2017 LAST PARTY )

日時:2017年1月22日(日) 開場 17:00 食事17:30 イベント開始18:50 (予定)
会場:目黒雅叙園
チケット代金:47,000円(税込、全席指定、食事、ドリンク代含む、)
内容:トーク、歌、握手会など、テーブルごとの記念撮影あり

各主催:A・R・A

愛を歌う花

『愛を歌う花』(配給:クロックワークス)

http://aiuta-movie.com/

続きを読む

1943年の京城。妓生を養成する学校で育った幼馴染のソユルとヨニ。とくにソユルは、たおやかな美貌と歌の実力で最高の歌姫と称されていた。

%e3%80%8c%e6%84%9b%e3%82%92%e6%ad%8c%e3%81%86%e8%8a%b1%e3%80%8d%e3%82%b5%e3%83%961_%e3%82%af%e3%83%ac%e3%82%b8%e3%83%83%e3%83%88%e5%85%a5%e3%82%8a

そんなとき、ソユルの恋人ユヌが、実は大衆歌を作曲する人気作曲家だったと知り驚くソユル。

%e3%80%8c%e6%84%9b%e3%82%92%e6%ad%8c%e3%81%86%e8%8a%b1%e3%80%8d%e3%82%b5%e3%83%962_%e3%82%af%e3%83%ac%e3%82%b8%e3%83%83%e3%83%88

そして彼の曲のファンだったヨニと引き合わせるのだが、皮肉にもユヌはヨニの歌声に惹かれていくのだった。こうして彼女たちは作曲家ユヌを巡って、歌の才能と愛を競うことになっていく…。

%e3%80%8c%e6%84%9b%e3%82%92%e6%ad%8c%e3%81%86%e8%8a%b1%e3%80%8d%e3%82%b5%e3%83%963_%e3%82%af%e3%83%ac%e3%82%b8%e3%83%83%e3%83%88

『W』での愛らしさが素敵だったハン・ヒョジュが、切なくもどす黒い嫉妬に駆られていく妓生を演じた作品。ユ・ヨンソクが天才作曲家に扮し、三角関係をなす幼馴染の妓生役に『サニー 永遠の仲間たち』のチョン・ウヒが演じている。

 

<感想>
幼なじみで、ずっと一緒に妓生として生きていこうと誓い合った二人の女性なのに、ある男の存在ゆえに袂を分かち、やがて悲劇を辿ることになる。愛だけでなく、そこに才能への嫉妬も加わり、どうにもならない喪失感と焦燥感に駆られていく女心。そうした人間心理が当時の情緒に乗せながら描かれていくのですが、愛らしく穏やかだった心のきれいな女性がどんどんダークサイドに向かっていってしまう様がなんとも胸が痛いです。

一部の金持ちしか聞くことのできない伝統の歌を大事に生きてきた女性と、もっと大衆に響く歌を普及させたいと願う男。そしてその大衆歌にぴったりの歌声を持つ女性。伝統歌ばかりを歌ってきたヒロインにとって大衆歌は声がそぐわない。きれいな歌声と胸を打つ歌声は違うのだという残酷さ。才能がある方により惹かれていってしまうアーティストの性(さが)。当時の妓生文化と芸術家たちの心模様を美しく描き出しています。

ヒロインたちは、妓生を養成し統括していた妓生学校で生活しているのですが、今でいう、住み込みのタレント養成事務所のようですね。まさに、幼いころから有名タレントになるべく育てられた二人の女性スターが愛と才能を巡って葛藤を繰り広げるという、現代の芸能界の話に置き換えられる物語ゆえに共感しやすかったです。

ハン・ヒョジュの役柄が、美貌の妓生で、韓国の伝統歌曲の‘正歌’の名手という役どころなのですが、実際に自身の歌声で正歌を歌っています。撮影の3カ月前から歌も舞も日本語も特訓したのだとか。一方のチョン・ウヒも聞く人の心を揺さぶるソウルフルな歌声を披露し、ユ・ヨンソクも作曲家という設定だけに、特訓の成果を発揮してピアノ演奏を見事にこなしています。

パク・ボゴム アジアツアーファンミーティングin TOKYO

2017/2/4 東京国際フォーラムA

http://www.bogum.jp/

キム・ウビン ファンミーティング

2017/01/07 ディファ有明

http://www.promax.co.jp/info/2017/kimwoobin2017/

太陽の下で‐真実の北朝鮮‐

2017.1.21(土)よりシネマート新宿ほか全国順次公開

http://taiyouno-shitade.com/

キム・ソンダル大河を売った詐欺師たち

2017年正月第二弾TOHOシネマズ新宿ほか全国順次ロードショー

http://kimseondal.jp/